「人魚Days」は、漫画家・竹本 泉の10年ぶりのゲーム作品です。
アドベンチャーゲーム風としては23年ぶり。
そして、スマホ・タブレット用ゲームとしては初めての作品ですね。

物語を読んでいくとところどころの選択肢で話が分岐する、
ゲームというよりかは、フルカラーのコミックな作品です。
「人魚Days」って名前なくらいだから、やっぱり人魚が出てきます。
いつものように、南国のちょっと変なストーリーをお楽しみください。


   Google Play で手に入れよう
「人魚Days」アプリ、前編無料!

まえがき

竹本 泉 前略、竹本泉です。

そんなわけで人魚Days。内容はアドベンチャーですが、基本、まんがだと思ってもらえれば間違いないです。
…ないです。ないですよね?

内容解説のところに「南国のちょっと変なストーリーをお楽しみください」と、ありますが、実は南国じゃないです。ヤシの木とか学校の校庭に生えてるけどね。
つまり、そういうお話だということです。

なにがつまりなんだか。

そんなわけで、人魚Days、お楽しみください。
うじゃうじゃ

登場人物

Hime T Ariha
有葉・T・姫
(ありは・テイストタワー・ひめ)
行け行けGOGO!な性格の姫ちゃん。いつも事件を起こしたり、解決したり。まあ、そういう性格だからしかたないよね。
Kaoru Tokumaku
徳幕 かおる
(とくまく かおる)
このゲームの中の良心…を微妙に担いきれてない。姫ちゃんで手いっぱい? ちなみに椿は手にあまるとか思ってないですよ。ほんとですよ。
Tsubaki sasasame
小々雨 椿
(さささめ つばき)
このゲームの中の良心…でもないな。まあ、姫ちゃんだからしかたないわよね、のスタンス。基本、甘いものが好き。

対応機種

・iPhone, iPad : iOS バージョン 12.3 以降
・android : 7.0 以降
・Apple Silicon 搭載 Mac の方は「こちらで表示:Mac App Store」を使ってみてください。

 Google Play で手に入れよう

料金とか

物語は、前編と後編の2つに分かれています。

前編は無料で遊べます。
どんなゲームなのか知りたい人は、気軽に試してみてね。

後編は、490円(税込)の課金になってます。
1回の課金で、後編の話は全部観ることが出来ます。

後編を見終わると、あとがきのページが見られます。

全年齢対象。安心してお遊びください。
カジュアルゲームなので、アニメのように動いたりしません。音声や音楽もありません。ごめんなさい。

リンク


人魚Days Homepage ← このページを携帯電話で開く。
 (このページは、
  パソコンとスマホでは、
  見え方が異なります)